入浴と服装|様々な疲れを癒やす電位治療器を利用しましょう

様々な疲れを癒やす電位治療器を利用しましょう

レディ

入浴と服装

ブランケット

手作り入浴剤

近年、温活が流行しています。体を温めることは健康と美容のためにとても大事で、温活をサポートするグッズもたくさん売られるようになりました。もちろん、グッズを使わないといけないと言うわけではないです。温活の中でも、入浴は有効と言われています。最近は、入浴で体を温める効果をより高めるために、手作り入浴剤を活用する人が増えてきました。しかし、手作り入浴剤を使う場合は、注意したいことがあります。しょうがやミカン、粗塩やレモンなどを使って作ることが多いですが、一度にたくさん作り置きすると効果が弱まります。1週間以内に使いきれる量だけ作ることです。もちろん、保存にも気をつける必要があります。ラップをして冷蔵庫に保存しましょう。

重ね着の基本

服装を工夫して体を温めるのも温活のひとつです。寒い時期は厚手のものを重ね着すればいいと考えがちですが、それは違います。薄手のゆったりした服を重ね着し、服と服の間に空気の層ができるようにしましょう。この方が温まります。また、外出時はマフラーやマスクを着用しましょう。これらは衣服1枚分に相当するほどの保温効果を持っています。立派な温活グッズと言えるでしょう。また、下半身を重点的に温めるのもおすすめです。スパッツやタイツなどのインナーウェアを活用しましょう。靴下を2枚重ねてはくのも有効です。ちなみに、寝るときも靴下をはく人がいますが、これはやめた方がいいでしょう。余計に体を冷やします。寝るときは素足が基本です。